高く売れる着物

高く売れる着物とは

着物に詳しい業者を利用すること

高く売れる着物とは

 

着物を高く売却したい時には、素材や作家などを重視して買取を実施する業者を利用します。
西陣織などは人気が高く、浴衣よりも振り袖など凝った模様や手間が掛かった反物を使った着物が買取限度額が高くなります。

 

安い素材は値段がつかないことも

素材に関しては、正絹が値が付きやすく、ウールや化学繊維は正絹と比較して価値がありませんので、値が付かない事が多いです。
また、正絹でも、現代でも使えるようなデザインの物が良く、デザイン面で古過ぎる場合には値が付かない事が多々ありますので注意が必要です。

 

着物の状態は高く売れることに比例する

高く売れる着物とは

 

着物の状態は、査定時の評価に影響してきます。
シミなどがありますと、買取上限額から減額されていきます。
買取上限額で買い取ってもらう為には、シミなどが無いようにしておきます。

 

人気の作家としては、人間国宝が手掛けたとされる商品は高値で買い取ってもらえる可能性が高いです。
そのような物を持っている場合には、大切に保管しておいて適切なタイミングで売却をするのが良いでしょう。