古いアンティークの着物

古いアンティークの着物とは

日本人女性が最も似合う様相と言うことができるのが着物であり、現代の女性達は見た目の様子から新鮮に感じる方が多く、一昔前よりも積極的に手に取るようになっています。
そのような方々の中でトレンドになっているのがアンティーク着物と呼ばれるものなのですが、比較的最近生まれた言葉であることから、アンティーク着物という言葉を正しく理解していない方が多いのも事実です。
既存の着物買取におけるリサイクル着物との違いがわかっていないという方も多く、選ぶのが難しく感じられてしまっている方が多いのです。
そこで、まず理解しておくべきなのはアンティーク着物というのは昭和初期よりも前に手がけられた作品であるということです。
一方、戦後に作成された古着による着物というのは、リサイクル着物と呼ばれる傾向にあることを認知しておきましょう。
ただし、これらの基準には明瞭な定義が定められているわけではないことから、お話を聞く場所やタイミングで大きく定義が変化する可能性があることを念頭に置いておくべきです。
こうした点を理解しつつ、骨董市や古着屋にある商品の在庫の山の中からアンティーク着物を見つけ出すためには、まず袖丈に注目することが大切です。
アンティークのタイプにおいては、袖丈は長い方がランクが高かったと考えられているので、全体像を見るだけではなくしっかりと手にとって広げた上で細部まで目を向けるようにしてください。
また、アンティーク着物は物が潤沢に手に入る時代では無かったことから、その時々に応じて使用頻度が高い色味や生地があります。
昭和30年代であれば絹は比較的薄めであり、色が着色されていないのが通例であり、とてもデリケートです。
そのため、取扱に関しては非常に気を使うのですが、女性らしさを感じるという理由から着物買取では高額査定して頂ける傾向にあります。
高年式になると少しずつ余裕が出始め、裏面に刺繍が施されるといった様子も見て取れるようになるので、遊び心にも目を向けてみると良いでしょう。